自営業の方はどのようにプロミスを利用することができる?

プロミスで一般的なフリーキャッシングの使途は自由となっていますが、事業資金としては使用することができません。そのため、自営業を営んでいる方は、「自営者カードローン」を利用することができます。このカードローンなら事業資金としてはもちろん、余った資金は生活費としても利用することが可能となっています。しかし、契約の際の審査は厳しいのが現実です。なぜなら、自営業の場合は、株式会社か有限会社かという資本が関係してくるため、融資をするプロミス側にもリスクが伴うからです。しかし、自営業者は事業資金が必要だということはプロミス側もすでに分かっていることなので、収益や業績がある自営業者ならだれでも申し込みをすることができ、融資を受けることができる可能性は十分にあります。つまり、赤字経営をしていなければ審査に通過する可能性があるということです。プロミスでは基本、3年間連続して一定の収益があり、赤字経営をしておらず、今後事業が拡大していく見込みがあるようなら融資してくれます。

 

審査に必要な条件とは?

プロミスの自営者カードローンの審査には、自営業者の年収に条件はありません。なぜなら、自営者カードローンも総量規制の対象となるため、プロミスが融資することができる額は、申込者の年収の3分の1までとなっているからです。なので、たとえ年収が低かったとしても審査に影響はありません。しかし、自営業者が起業しはじめたばかり・・というケースは、審査に通過することは難しいことが予想されます。なぜなら、プロミスの自営者カードローンの申し込みには「確定申告書」と、「青色申告決算書または収支内訳書」の提出が必要となりますが、起業したばかりだと、これら事業収益を証明する書類を提出することができないからです。これらの書類を手にすることができるのは、最低でも企業してから2年経過する必要があります。そのため収入が安定した2年目以降に自営者カードローンの申し込みをすることができるでしょう。では自営業者の場合、在籍確認はどのように行われるのでしょうか?営業を確認することができる書類を準備しておけば、審査をスムーズに実施することができます。しかしケースによっては在籍確認を実施するのが難しいこともあるでしょう。そうなると審査に時間がかかるので融資を受けるまでにも時間が必要となります。しかし基本、自営者カードローンでも即日融資が可能となっていますので急ぎの場合はその旨を伝えるとがいいでしょう。

 

プロミスは自営業の人でも利用できる!?

プロミスなどの消費者金融のフリーキャッシングの使途は基本自由となっていますが、事業資金として使用することはできません。では自営業者はキャッシングを利用することができないのでしょうか?そのようなことはありません。プロミスでは自営業の方のために、「自営者カードローン」という商品を用意しています。これを利用するなら自営業者の方でも問題なくプロミスを利用することが可能となっています。では「自営者カードローン」とはどのような商品なのでしょうか?さっそくその特徴をみてみましょう。

 

プロミスの「自営者カードローン」とは?

プロミスの「自営者カードローン」は、店頭窓口自動契約機電話郵送のいずれかで申し込みをすることができます。つまり、インターネットからの申し込みはすることはできません。利用することができる限度額は300万円までとなっており、実質年率6.3%〜17.8%が適用されます。この金利は通常のフリーキャッシングと同じものとなっています。使途は資金事業としてはもちろん、生活費としても使用することが可能となっています。通常のキャッシング同様プロミスのATMはもちろん、全国の提携ATMを通しても借り入れをすることができます。担保や保証人は不要なので気軽に申し込むことができるでしょう。

 

プロミスの「自営者カードローン」の申し込み条件とは?

自営者カードローンを利用する場合には、本人確認書類として運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかが必要となります。それに加え、確定申告書(前年度分)青色申告決算書または収支内訳書営業許可書または開業届などの書類の提出も必要となります。申し込みの対象者は、自営業をしている満20歳以上満65歳未満となっています。

 

プロミスの「自営者カードローン」も総量規制の対象なの?

プロミスが消費者金融に該当するため、たとえ自営者カードローンだとしても総量規制の対象となっています。つまり、年収の3分の1以上の借り入れはすることができません。しかし、事業資金としてはもちろん、生活費としても使用することができるので、自営業の方は自営者カードローンを利用することが最も効率がよい方法と言えるでしょう。自営業を営んでいる方でキャッシングをすることを諦めていた方は、この機会にプロミスの「自営者カードローン」を検討してみるのはいかがでしょうか?

プロミスの自営者カードローンのメリットとデメリット

プロミスの「自営者カードローン」は、個人事業者が事業資金として融資を受けることができるカードローンです。一般的なフリーキャッシングの使途は基本的に自由となっていますが、事業資金として使用することはできません。そこで、個人自営業者のために自営者カードローンが用意されました。そのため、総量規制対象外となっています。つまり、フリーキャッシングのように年収の3分の1以上の貸し付けの限度がなく利用すること可能となっています。さらなるメリットとして、事業資金のために借りたお金が余った場合は生活費に回すことができます。つまり、借りたお金は事業資金はもちろん、生活費にも使用することができるということです。しかし、プロミスの自営者カードローンの最高融資限度額が300万とすでに設定されています。最高融資限度額が500万円のフリーキャッシングと比較すると融資額は少なくなっているので物足りなく感じる方もいるかもしれません。実際に利用することができる融資額は、申込者の年収や事業の将来性を見越してプロミス側が審査をして判断するので、希望通りの融資額を受けることができない可能性も大いにあります。

 

自営者カードローンの申し込み方法とは?

自営者カードローンは、フリーキャッシングローンとは異なりインターネット上で申し込みをすることはできません。なので、店頭窓口、自動契約機、電話、郵送のいずれかで申し込み手続きをすることができます。店頭窓口か自動契約機での申し込みなら、即日融資を受けることができます。

 

自営者カードローンは担保は必要?

プロミスの自営者カードローンは、事業性資金として使用することができる総量規制対象外のカードローンで、融資額もフリーキャッシングと比較するなら額が大きくなりますが、担保は必要ありません。つまり、無担保カードローンとなっています。

 

審査は厳しいの?

審査は、保証となっているプロミス・SMBCコンシューマーファイナンス自身が行います。SMBCコンシューマーファイナンスが加盟している信用情報機関で、申し込み者が他社で借り入れを行っていないかという情報を調査します。それに加え、過去に金融事故を起こしていないかどうかも確認します。さらに、居住年数や自営業の事業年数なども審査します。申込者の所得と収入支出の状況を審査し、融資限度額が決められていきます。